読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MFの日記

日常を書きます。

快楽主義者


「久しぶり、、」


テンションが低い。いつもより低い。


「金曜日は飲んでたの?」


「うん。飲みすぎちゃて。」


僕は心配になった。なぜなら僕の彼女は酔うと誰とでもセックスをする。

快楽主義者だ。


「金曜日は誰と飲んだの?」


「親戚の男の人と友達。途中でね、隣の席人とも仲良くなったよ」


「隣の人はどんな感じの人?」


「おじさんだったよ」


一瞬、彼女が男の人と乱交パーティをする絵が浮かんだ。悲しかった。


僕は彼女が信じられない。

束縛はやめた。彼女はそうゆう人だ。


かわいそうなカップルだ。


彼女の男の定義はおそらく、たまにセックスして、こどもを生むための道具としか考えていないのだろう。


それは彼女が言った。「私はこどもを成人させたら死ぬ。夫?知らない。勝手に生きれば。」

から推測できる。


彼女は可愛い。顔だけだ。可哀想だ。