読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MFの日記

日常を書きます。

同級生S

f:id:breakgreen:20170302091653p:plain

昨日の夜、一通のラインがきた。今日、電話できる?という内容の文面。同級生のSならの連絡だった。

Sは俺の短大時代に、ゲイに迫られていることを相談していた友人だ。

Sは明るく、素直だが、押しに弱くなにかと決断力がない。そんなSだから話しやすくもあった。

俺はヤマダ電機で買ったばかりのイヤホンをつけた。1000円の黒いイヤホンはコスパもよく、ビジュアルもまあまあだったが、やはり、音質はそんなによくはない。

ラインを開き、Sに電話した。ライン電話の独特な音が流れる。数秒後にSがでた。

S    、、、もしもし、、

俺はSになにかあったのではと心配になった。Sの声は少し小さかった。

俺   なにかあったの?

S     いや、なんにもないよ。

話を聞いたところ、Sは特に悩みはなく、明日の仕事が憂鬱みたいだ。